笑いに活力をもらう

オーバーエイジの方にも阪神観光はおすすめです。何事もガハハと笑い飛ばす地元民たちは、とても元気。実は「笑い」は体を内側から良くしてくれます。加齢に負けそうになっているあなたも、神戸・大阪で笑いに触れてください。

神戸・大阪は、中高年の人たちが特に元気な街です。青ざめた顔のおじさん・おばさんを見かけることはほとんどありません。実は彼らの元気には、ある1つのワケがあるとされています。あなたも阪神のオーバーエイジを見習って、元気をいっぱいに養いませんか?

笑いは体に活力を与える

神戸や大阪に住む人たちは、本当によく笑います。常にニコニコと微笑を浮かべている人も少なくありません。本当に面白いことがあれば恥も外聞もなく大きな声で朗々と笑い声を響かせます。電車など、公共の場でも大声で笑っている人もたまに見られます。

実は人間にとって「笑い」とは、とても心身の健康に良いことなのだそうです。「笑い」は脳内ホルモンの1種であるエンドルフィンを分泌させ、体全体に幸福感を与えてくれます。また「笑い」は体の免疫力を高める「ナチュラルキラー細胞」の活性も高めてくれます。
「笑う門には福来る」という言葉は単なることわざを越えた生物学的な現実とも言えるでしょう。関西の人がパワフルに思えるのには、「笑い」の力もあるのかもしれません。

寄る年になんか、負けへん

阪神圏に住まうオーバーエイジたちは、自ら笑いを取りに行き、そして仲間の話にバカ笑いして、自分たちの中のパワーを培養しています。寄る年に負けることなく、若い人以上に遊びまくって、そこでまた笑って、ぐんぐんと「元気」を昂進させていきます。

また、年に似合わず・・・というと彼らに失礼ですが、風俗が大好きなおじさんたちも少なくありません。もっとも、「笑い」だけではさすがにアレも勃ちません。クリニックで処方を受けて、バイアグラなども使いながら、健全にプレイを楽しんでいます。性への関心も、彼らの元気の秘密かもしれませんね。
このバイアグラ、「クリニックで処方を受ける」というところがポイントです。そんなおじさん達も普段は人一倍元気な分、自分の下半身が元気がないことは周りに知られたくないようで、人と対面せずにバイアグラを手に入れることができるインターネットの個人輸入を利用していましたが、おじさん達いわく、今はそれが大変危険なのだそうです。どうして?というとネットでの購入は偽物が非常に多いから危ないとニュースで報道されていたとのこと。普段は明るく振る舞いを見せるおじさん達もこういうところは意外と慎重になるようです。
参考サイト⇒4社合同による偽造ED治療薬調査
わざわざ「笑って生活しよう」と思わなくても、神戸や大阪の街まで出かければ、きっとたくさんの面白いことに出くわすはずです。阪神の街で笑いのスキルを盗んで、みなさんの地元で流用するのも良いかもしれません。上手に笑いが取れる人気者になれば、より笑う機会が増え、自分の他人も巻き込みながら、みんなで健康になっていけるでしょう。

Copyright© すべらない神戸・大阪観光のすべて All Rights Reserved.