シャレにならへん「エセ関西弁」

神戸・大阪を観光するときに気を付けたいのが、言葉の問題です。普段喋らない関西弁を使ってみたい気持ちもあるかもしれませんが、特に大阪人は「エセ関西弁」が大嫌い。うかつに「○○ってどうやっていけばええのですか?」などと聞くと、危険かも…。

テレビの真似はしないで!

最近では、テレビを点けると、大阪出身の芸人さんたちの声を聞かない日はむしろ少なくなってきました。巧みな話術に関西弁を織り交ぜて明るく話す彼らを見ていると、「なんかカッコいいな」と思って、少し憧れてしまいますよね。しかし、大阪弁は、そこまで簡単に扱えるものではありません。「○○や」「○○やろ」という語尾だけを真似ても、上手な大阪弁にはなりません。前後の微妙なイントネーションを模倣するのは、かなり困難。

「テレビの真似はしない」ということを、肝に銘じておきましょう。自然体で神戸・大阪の街を楽しむべきです。

自然な言葉でOKやで

特に関東の人には、「大阪では標準語はバカにされるようだ」と考えている人が多いようです。しかし、実際にはそんなことはありません。彼らが嫌うのは、標準語ではなく、「大阪弁を真似ようとした標準語」です。どういうわけか、大阪の人は自分たちの「言葉」に対して異常なプライドを持っています。東京の電車に乗っていても、時折「○○やんけ!」と豪放に叫んでいる人を見ることがありますが、これもこの自負の表れでしょう。

彼らのプライドを逆なでするような「エセ関西弁」…絶対に使ってはいけません。東京では温かく笑ってもらえるかもしれませんが、大阪人の前では、「シャレにならんぞ」。

女性の標準語にキュン!

意外にも大阪の人々は、標準語に対して好印象を持っているようです。特に、女性が喋る「○○だよ」「○○じゃん」という言葉には、思わず相好を崩す男性も少なくありません。道を尋ねるときも、積極的に標準語で聞いてOKです。きっと優しく教えてくれますよ。

大阪に関わらず、近畿圏の人たちは関西弁を1つの「文化」として愛し、尊んでいます。彼らの「文化」を汚すことがないように、努めてヘタクソな関西弁は慎んでおきましょう。

Copyright© すべらない神戸・大阪観光のすべて All Rights Reserved.