スマホで旅をスムーズに

道に迷わず観光を進めていくためには、ルートを案内してくれるアイテムが必須です。しかし、もはやガイドブックに頼る時代ではありません。行く先々でいちいちカフェに入って本を広げていると、無駄な時間とお金がばかりがかかってしまいます。特に込み入った神戸・大阪の街を歩くときには、やはり、スマホ・タブレットの類は欠かせません。

簡単な筋道検索に…スマホ!

慣れない街を歩いていると、どれだけ方向感覚の良い人でも、ある程度は道に迷うこともあります。これは、どうしても避けられないことです。もちろん道行く人に尋ねて解決する場合もありますが、なかなか親切な地元民が捕まらないことも多々あるでしょう。

そんなときにも、スマートフォンがあれば安心です。マップのアプリを入れておき、経路を調べて歩いていきましょう。利用者も多いであろうアイフォンですが、デフォルトのマップはあまり評判が芳しくありません。別にアプリを落としておいた方が良いでしょう。

しかし、マップは普段から使い慣れていないとうまく扱えません。また、マップばかりを見ながら歩いていると、目的地を見過ごしてしまうこともあります。自分の街でマップの見方をきちんと調べておき、扱いに習熟した状態で観光に出かけたいところです。

タブレットは宿で使う

旅先にPCを持っていくことは、あまりおすすめできません。単純に荷物になる上、旅行中でもついつい仕事が気になってメールボックスを覗いたりしてしまいます。

大画面のデバイスが必要ならば、タブレットを持っていきましょう。これは街中で経路を出すにはややかさばるので、ホテルや宿で観光のプランを考えるときに使います。翌日の宿泊先を探すときにも、文章が見やすいタブレットがあると、とても重宝します。

「旅」を忘れないように

基本的に、旅はものに頼らずに楽しみたいところです。旅先でいじいじとスマホやタブレットを触って過ごすのは、あまりにももったいないこと。目の前に現実に広がる神戸・大阪の街を楽しむのが目的なのであり、デジタル機器はそのサポートをするものです。2つのマシンに振り回されないように、「操作しすぎ」にはくれぐれも注意しましょう。

Copyright© すべらない神戸・大阪観光のすべて All Rights Reserved.