人情の街で、癒しと力を

日常に疲れを感じたなら、神戸・大阪の街を観光してみましょう。この一帯に住む人たちはとても心も温か。商店街では、「おまけ」だって日常的です。公衆浴場にもたっぷりと浸かって、安らぎとパワーを得ましょう!
大阪は、人情の街と言われています。行き交う人々はとても温かく、ツーリストにもとても親切にしてくれます。ちょっと心が疲れたな…というときにも、阪神観光はおすすめです。のんびりと下街を歩いて、地元の人々から心に栄養をもらいましょう!

明るさに救われる

大阪の人たちは、ある意味でとても自虐的です。自分の失敗を大げさにネタにして笑い飛ばし、嫌なこともすぐに忘れてしまうそうです。他の地域では、ミスを話の種にして笑いを取るようなことは、「恥ずかしい」と思われがち。しかし、大阪では仕事の失敗も失恋も、すべて「持ちネタ」になります。彼らの底抜けの明るさに、気楽に生きる術を学びましょう。なんばグランド花月に行けば、プロの芸人さんたちの自虐ネタを聞くこともできます。

下町の人情に触れよう

大阪は、中心部(梅田)から少し離れると、ずいぶんと景色が変わります。特に東大阪にはまだまだ朴訥な風景が残っています。そんな街を歩くことも、気分転換となるかもしれません。大声を張り上げて客を呼び込む八百屋、魚屋、あるいはドラッグストア…そんな漫画的な風景が、未だ実在しているわけです。商店街を練り歩いて、ちょっと「値切り」でもしてみましょう。「お嬢さん可愛いから、これオマケや」と言ってくれるかも…!?

のんびりとお湯にも浸かろう

下街には、実にたくさんの銭湯もあります。ホテルのお風呂に不満を感じれば、ぜひとも街のお風呂に行ってのんびりとお湯に浸かりましょう。お風呂でもガヤガヤと会話するおじさん・おばさんたち、そして体に奇妙な模様が入った人たち(!?)と共に同じ場所でのほほんとリラックスしていると、癒しと共に、体いっぱいに元気をもらえるはずです。 地元の有名な銭湯としては、「スパワールド」や「延羽の湯 羽曳野店」「延羽の湯 鶴橋店」というものがあります。どちらもさまざまな効能を持ったお湯が用意されているので、興味のある方はご利用を!

日常生活に限界を感じれば、人情の街、阪神を歩いて、心をリラックスされ、そして関西人たちのエネルギーを分けてもらいましょう。もし長期休暇のたびに神戸・大阪を訪れたなら、きっとあなたの人生が、もっと豊かに、そして生きやすいものになるはずです。

Copyright© すべらない神戸・大阪観光のすべて All Rights Reserved.