足元から楽しむ観光~スニーカーは必須!

神戸・大阪の街はとってもオシャレです。道行く人たちも、ハイセンスなファッションに身を包んでいます。田舎から出てくる人も、東京から出てくる人も、当然地元の人たちに負けないようなオシャレがしたいはず! でも足元だけは、どうか歩きやすい靴を…。

スニーカーを一足!

「履きなれた靴で来ること」…なんて、まるで修学旅行のパンフレットの注意書きのようですが、やはり旅先を歩くときには、それが望ましいことです。田舎道をえんえんとドライブする旅ならまだしも、神戸・大阪は都会です。徒歩での観光が中心となります。

ブーツで長時間歩いていると、やはり足がクタクタになってしまいます。また、季節によっては蒸れなども気になることでしょう。足にストレスがあると、観光を楽しむことはできません。せっかくの思い出作りの機会が、足元で台無しになっては、悲しすぎます。

お気に入りの革靴を履いてきてもOKです。しかし、ハードに歩く日のために、スニーカーも一足スーツケースに入れておきましょう。文字通りフットワークが軽くなり、「次はハーバーランドだ!」「海遊館だ!」と、足元から旅の意欲が湧いてくるはずです。

現地で買ってもOKですが、新品の靴は足になじむまでに時間がかかります。普段から履きなれた靴を持ってくるのが最善です。こういう機会のために、ブーツ・革靴一本槍のオシャレさんも、必ず一足は歩きやすいスニーカーを準備しておきましょう。

もし疲れたら…足湯♪

どれだけ軽いスニーカーを履いてきても、普段が運動不足であれば、長時間歩いていると足は棒になってしまいます。旅のために常日頃から運動をせよ、とは言いません。もし足に疲れを感じたら、足湯を利用すると良いでしょう。たとえば大阪ならば、「シティプラザ大阪」という中央区の巨大な建物に、無料で利用できる足湯が準備されています。

温かいお湯に足をつけて血行を促進すれば、むくみも取れて、「よし、行こう!」という気持ちになれるはずです。神戸・大阪にもそんな嬉しい足湯スポットがたくさんあります。

足のトラブルは、旅行には付き物です。できるだけ対策を行って、120%の力で観光を楽しみましょう。タクシーなどで移動すると、一気に費用がかさんでしまいます。

Copyright© すべらない神戸・大阪観光のすべて All Rights Reserved.