カジュアルなまち長田

京都の着倒れ、大阪の食い倒れとくれば神戸の履き倒れ!そう、神戸は靴の街としても有名です。震災ではかなりのダメージを受けながら復興に力を入れてきました。楽しいモニュメントもたくさんあり、いろんな顔を見せてくれる元気な町、長田は楽しむところがいっぱい。

鉄人28号がお出迎え

JR新長田駅から南へ歩いて5分。若松公園の中に巨大モニュメント鉄人28号はそびえ立っています。なんと全長18メートル、アニメの原寸大でその迫力に圧倒されます。作者、横山光輝氏が神戸出身なのにちなんで、震災復興と町おこしのため「神戸を元気に!」を合言葉に『神戸鉄人28号プロジェクト』が立ち上がりました。

総工費1億3500万円。そのほとんどが寄付や募金で集められ、2009年に現代へよみがえったのです。モニュメントのまわりは「鉄人広場」と呼ばれたくさんの観光客でにぎわっています。子供のころに胸おどらせたヒーローを前に童心にもどってみてはいかがでしょう。

商店街でB級グルメの食べ歩き

商店街では、神戸で生まれた「そばめし」や神戸名物「ぼっかけ」などを楽しめます。「ぼっかけ」とは牛すじとこんにゃくを甘く煮込んだもので、これをトッピングになんでも作ってしまうのが神戸流。そして長田はお好み焼き屋の数が全国一位。「こなもん」と言えば大阪のイメージがありますが実は長田だったんですね。もちろん、お好み焼きにもぼっかけが入っています。

また鉄人28号の作者でもお馴染み、横山光輝氏の作品で有名な「三国志」をテーマにした三国志ガーデンなどもあります。パノラマや武将の実物大石像なども設置されていて、一日では回りきれないほど。B級グルメを堪能しながらのデートもいいかもしれません。

ケミカルシューズ発祥の地

ケミカルシューズとは合成皮革製の靴のことで、その種類はさまざま。昭和27年頃に誕生し神戸の靴産業をささえてきました。JR新長田駅から北へ徒歩3分、赤いパンプスの巨大モニュメントが目印のシューズプラザ。シューズメーカーの直営店が集められたファッションビルになっていて最新トレンドあふれる品揃えはもちろん、アウトレットの商品などもありお得感満載です。

また、お手ごろな値段でオーダーメードの靴を作ることもできます。なかなか自分の足にぴったりのものを見つけるのは至難の業。熟練した職人さんもいらっしゃるので、神戸にきた記念にぜひ世界でたった一つのマイシューズをゲットしてみてはいかがでしょう。

このように、長田はさまざまな表情を見せてくれます。華やかであか抜けた神戸のイメージとは別の、下町の親しみやすさを持つ町です。駅周辺に観光地が密集しており、初めて訪れた方も気兼ねなしに楽しめるのでお勧めです。

Copyright© すべらない神戸・大阪観光のすべて All Rights Reserved.