通が選ぶ神戸のおもたせ

せっかく神戸に観光に来たのですから、おもたせ(お土産)も忘れるわけにいきませんね。神戸は洋菓子が有名ですが、実はスイーツだけではありません。必ず喜ばれること間違いなしのスイーツと、その他の名品を神戸の思い出と一緒にお持ち帰りください。

◆数あるプリンの中でも名品中の名品『魔法の壺プリン』

実は神戸はプリンが得意。スイーツでも有名どころのプリンが数々あります。そんな中でも特に話題にもなっていて、喜んでいただけるのは『神戸フランツ』の『魔法の壺プリン』ではないでしょうか。

イカリマークの茶色いオシャレな壺に入った『魔法の壺プリン』。ふたを開けるとまず初めに目に飛び込んでくるのは、真っ白な生クリームです。そっとスプーンを入れると生クリームの下からプリンが・・・。でもこのプリン、いい意味で期待を裏切ってくれます。ありきたりのプリンの食感とはまったく違うのです。それはまるでカスタードクリームのようなトロトロの濃厚プリン。

この不思議な食感は、食べた方にしかわかりません。是非いちど召し上がってください、美味しさに驚かれますよ。『神戸フランツ』の『魔法の壺プリン』は、JR『三ノ宮駅』からすぐサンチカ内にあります。赤に黒いイカリマークが目印です。

◆意外な名品『申請公司(しんせいこうし)』の手作りの『焼き豚』

こちらは知る人ぞ知る手作りの『焼き豚』です。通の間ではかなり有名な代物。甘辛いタレをしみ込ませじっくり焼き上げた『焼き豚』です。100グラム400円程で切り売りもありますが、人気は断然ブロックです。

よくある付けダレは無く、そのまま召し上がってください。お酒のおつまみを初め、ラーメンに入れてみたりチャーハンにしてみたりいろいろな楽しみ方ができます。本店は元町ですが、中華街の南京町店で観光しながらのお買い物もお勧め。一度食べたらやみつき、クセになること間違いなしの商品です。

◆神戸名物『イカナゴのくぎ煮』

春先に神戸へ訪れた際には、是非『イカナゴのくぎ煮』をお試しください。『イカナゴのくぎ煮』とは神戸の垂水が発祥の郷土料理です。毎年2月下旬頃にイカナゴ漁が解禁され、水揚げされた2センチ程のイカナゴの稚魚を醤油・砂糖・みりん・生姜などで甘く煮て佃煮にしたものです。

茶色く煮たイカナゴの姿が『釘』に似ていることから『くぎ煮』と呼ばれるようになりました。この季節になると、あちこちの家庭で炊かれ街中が甘い香りでいっぱいになります。『イカナゴのくぎ煮』が店頭に並びだす光景が春の風物詩でもあるのです。

有名どころでは『牛肉のしぐれ煮』で評判の『大黒屋(だいこくや)』や、おつまみ・珍味などの専門店『伍魚福(ごぎょふく)』などの店が知られています。ただ、旬の時期ですとあちらこちらの商店街などが『イカナゴのくぎ煮』で一色になるほどですので、入手に困ることはありません。それほど春の神戸観光の時にはハズせない逸品です。

このように神戸には洋菓子はもちろん、洋菓子以外にもお土産にすると喜んでいただけるものがたくさんあります。素敵な神戸の街を満喫したあとは、みやげ話と一緒におすそわけはいかがですか。きっとお話に花が咲きますよ。

Copyright© すべらない神戸・大阪観光のすべて All Rights Reserved.