ピンサロの基本、楽しみ方

ピンサロはピンクサロンの略で、建前上は飲食店の扱いです。厳密にはキャバクラやスナックのような店と同じ扱いとなるため、本来なら性的サービスはNG。この時点でピンサロ常連の人にとっては驚きかもしれませんね。意外と知らないピンサロの世界、詳しく見ていきましょう。

◆ピンサロの基本

正真正銘の風俗店として届出をしているソープやヘルスとピンサロが違う点は、しっかり見てみると色々あります。

まずは店内。ピンサロの場合建前上では飲食店となっているため、個室を作ることは認められていません。なのでワンフロアのなかにパーテーションで間仕切りをし、個室風にすることで客同士が性器を出すことに抵抗がないようにしています。そして飲食店である以上、代金の対価として飲食物を提供しなければなりません。そのため性的サービスいかんにかかわらず、必ずブース内にはテーブルが設置されており、ドリンクやお菓子などちょっとした食べものが置いてあります。また風俗店でないためシャワー室がないこともピンサロの特徴。このことから風俗店のなかでもピンサロは比較的手ごろかつ短時間で利用できるため、時間やお金のない男性には根強い人気があるようです。

◆ピンサロのサービスって?

では実際にどんなサービスが受けられるのか。厳密には性的サービスがOKされているわけではないため店によってどこまで可能になるかどうかは様々ですが、ピンサロ嬢が客に対して行うサービスはフェラと手コキ、ほかにもシックスナインやクンニリスニング、素股などが可能な店もあります。ただ時間がワンセットで30分~45分ほどと限られているためあれもこれもとしていると射精しないまま終了してしまうこともあるため、基本的にはフェラや手コキを中心としたサービスになるようです。

そしてピンサロのサービスのよしあしはピンサロ嬢のやる気に大きく左右されます。やる気があり、サービス精神旺盛なピンサロ嬢に出会うことができれば口内射精はもちろん、精液を飲んでくれることもあります。さらに射精後のいわゆる「おそうじフェラ」までしてくれるピンサロ嬢もいるのだそう。ですがあまりやる気のないピンサロ嬢にあたってしまうとフェラはおざなりなうえ手コキでササッと射精させられて終了、なんてことも珍しくないのだとか。

なのでピンサロを料金以上に楽しみたいなら、初めての店でも指名をすること。セット料金にさらに指名料が発生しますが、フリーとして入店するよりはピンサロ嬢のモチベーションもあがりますし、常連になってほしいためにたくさんサービスしてくれることも多いのだそう。逆にフリーで入店しても質のいいピンサロ嬢をわりふってくれる店も、料金以上に楽しめる店といえるでしょう。ただこの方法は非常に嫌な思いをすることが多く、いい店に当たるまで色々な店を転々としなければなりません。多少割高な料金を支払って一定以上のサービスを求めるか、一発逆転を狙うか。自分に合った方法でお気に入りの店を見つけましょう。

◆ピンサロの危険性

ピンサロの場合客ひとりの単価が安いため、とにかく回転数をあげて利益を出そうとする傾向にあります。なのでピンサロ嬢が1日に相手をする客が自然と多くなり、シャワー室もないことから性感染症にかかる可能性も高くなります。しかも厳密には風俗店ではないため、警察に摘発される危険性もデメリットのひとつでしょう。客としてなら逮捕されることはありませんが、気持ちよくサービスを受けている最中に警察が踏み込んでくるというハプニングは、できれば避けたいものですね。それにいくら客にはおとがめなし、といっても参考人として事情をきかれる可能性もあるのです。面倒ごとに巻き込まれたくないと思うなら、正規に風俗店として登録している店に行くのがおすすめです。

このように建前上では飲食店、実態は風俗店というピンサロは最近はかなり衰退してきています。警察による摘発が厳しくなったことに加え、ソープやヘルスの低料金化も影響しているようです。ただピンサロにはピンサロ独特の空気感があり、ソープやヘルスではまず出会えないような多種多様な女性に出会えるということから足しげく通う男性も少なくありません。知っているようで知らないピンサロのこと、少しでも参考にしてください。

Copyright© すべらない神戸・大阪観光のすべて All Rights Reserved.