大阪城で歴史を感じよう

大阪城は、安土桃山時代に豊臣秀吉によって築かれ、江戸時代に修築されました。豪華で力強い造りが特徴となっています。天守閣や石垣などは当時の姿を厳密に復元。大阪城には様々な魅力があります。

◆大阪城はこんなところ

大阪城は、1583年、豊臣秀吉が一番勢いのある時代に建てられた城です。大坂冬の陣と、夏の陣二度にわたって徳川に責められて落城したのち、江戸時代に再建されましたが、落雷によって焼失してしまいました。しかし、1931年に市民からの寄付によって復元されることになります。現在では年間200万人ほどが来場する人気の施設になりました。

◆大阪城内部の様子

大阪城内部では、映像やミニチュアなどでわかりやすく歴史が解説されています。1階にはシアタールームがあり、豊臣秀吉や大阪城に関する番組を上映。ミュージアムショップで記念品を買うこともできます。2階は情報コーナー。大阪城やお城一般の基礎知識をパネルで展示してあるので、予備情報なしで行っても安心です。現在の天守閣で使われている鯱や、伏虎の原寸大レプリカも展示してあります。

3階、4階は重要文化財などの展示階になっています。大阪城内は写真撮影可能ですが、3,4階だけは残念ながら禁止。ですが、秀吉に関する貴重な歴史的資料が展示されているので観る価値ありです。ここでは秀吉が作らせたという黄金の茶室も原寸大で復元されています。随所に黄金が施されていて大変豪華な造りです。また、豊臣時代、徳川時代それぞれの大阪城の復元模型があるので、当時の様子を比較してみましょう。

5階は大阪夏の陣について階。屏風で各名場面のストーリーを観ることができます。映像や真田幸村隊と松平忠直隊の激戦を再現したミニチュア模型の展示も。6階に展示はなく、7階はジオラマで描いた豊臣秀吉の生涯です。ミニチュア模型の中を秀吉が動き回ります。8階は展望台。大阪城と大阪の街を一望することができます。ステレオスコープ「なにわ風景」では、昔の大坂を立体的に見ることも。8階でも記念品を販売しているので、お土産を探してみましょう。

◆他にも様々な見どころが

大阪城では昭和30年代から夜間のライトアップが行われてきました。ほぼ毎日、日没から23:00までの間ライトアップが行われています。桜が満開の季節には、城だけではなく公園内の桜もライトアップされるので夜桜を楽しむことも。開花時期になると、桜の木の下ではたくさんの人が花見をしています。また、野外音楽堂「大阪音楽堂」や16000人収容の「大阪城ホール」があり、連日コンサートやイベントが開催中。大阪城は歴史を感じることはもちろん、音楽や風景も楽しめる場所です。

◆周辺にも立ち寄ってみよう

大阪城周辺に他にも多くの歴史的スポットが。大阪城の近くには、真田幸村ゆかりの三光神社・心眼時があります。真田丸(さなだまる)とは、かつての大坂の陣で真田信繁(幸村)が築いた砦のことですが、徳川家康率いる幕府軍は圧倒的数で優っていたにもかかわらず、真田丸を突破できずに大きな損害を受けたと言います。現在かつて真田丸があった場所に、参考神社・心眼時があるのです。日々、真田幸村のファンをはじめとしたたくさんの観光客が訪れています。

豊国(ほうこく)神社もおすすめです。ここは京都の豊国(とよくに)神社の別社として作られた神社です。豊臣秀吉と秀頼、秀長を祀っていて、出世開運祈願の神として知られています。中には秀石庭という海洋をテーマにした庭園も。一台で無名の足軽から天下を取って秀吉にあやかり、お守りを買って出世開運を願う人も多いそうです。

Copyright© すべらない神戸・大阪観光のすべて All Rights Reserved.