新世界でタイプトリップ!?

大阪でひときわ異彩を放つ街…新世界。ちょっとキケンな匂いもするけれど、猥雑な街並みには独自の味わいがあります。天王寺動物園や通天閣の観光と一緒に、新世界の奇天烈な風景も楽しんでしまいましょう。

みなさんは大阪にどのようなイメージを持っているでしょうか? おそらく、あまり「美しい街!」とは思われていないことでしょう。しかし、意外にも梅田や難波周辺には、洗練された街並みが広がっています。大阪らしい猥雑な景色を楽しみたいならば、新世界に乗り込みましょう。時間が停まったかのような懐かしい眺めがあなたを待っています。

天王寺動物園と通天閣

新世界は、世間的にはあまり有名なスポットではないでしょう。「ミナミやキタは聞いたことがあるけれど、新世界は初耳…」という方も少なくないかもしれません。しかし、実は新世界は、かの有名な大阪のシンボル・通天閣が所在している場所でもあります。

もっとも、妖しく輝く東京タワーや、最近ではスカイツリーなども見慣れている都心の人にとっては、通天閣自体はそこまで魅力的に映らないと思われます。せいぜいが「薄汚れた電波塔」といった感想を持つ程度でしょう(地元の人、ごめんなさい)。しかし通天閣の足元に広がっている新世界は、ある意味でショッキングです。

連なった低い建物の間を、昼間から酔っぱらってふらふらしているおじさん、トリッキーな衣装に身を包んだ路上生活者、けばけばしい化粧をしたおばさんなどが、縦横無尽に歩き回っています。最近では珍しくなったポルノ映画館もいくつかあり、中にはハッテン場と化しているところもあるとか…。また、注目すべきは串カツ屋の多さです。ションベン横丁という身も蓋もない名称の地帯には、有名な串カツ屋さんもたくさんあります。

大阪で招福の神として親しまれている「ビリケンさん」の像も、そこかしこに立ち並んでいます。また、天王寺動物園もすぐそばにあり、動物たちの匂いも漂ってきます。「ここって平成の日本だよね!?」と時代錯誤の感覚に陥るような、とても面白い街です。
天王寺動物園のHPはコチラ ⇒ http://www.jazga.or.jp/tennoji/
通天閣のHPはコチラ ⇒ http://www.tsutenkaku.co.jp/

怪しげな人・店、全部楽しもう!

新世界には、ごく控えめに表現して「クリーンな街」ではありません。もっとも、その胡散臭さがこの地帯の良さでもあります。「ピチピチギャル多数在籍のスナックです」「サービス充実のマッサージ店デス」…そんな「いかにも」な看板・広告も楽しみつつ、洗練された都会の街で味わえないスリリングな観光を楽しみましょう。

Copyright© すべらない神戸・大阪観光のすべて All Rights Reserved.