大阪の要素をぎゅぎゅっと! 難波で楽しもう

ザ・大阪! という雰囲気を味わえる魅力的な街・難波。マニアックなお店探訪から、お笑い体験、そして家電製品の購入まで、すべてこの街で味わってしまいましょう! ぶらぶら歩くだけで、あっという間に1日が過ぎていきます。

大阪で楽しい街と言えば、難波です。この街にないものはない! というくらい、うんざりするほどのお店が揃っています。大阪の要素をすべて凝縮したような街で、アグレッシブに観光を楽しみましょう。時間があれば、日本橋の方にまで足をのばしてみてください。

まずは練り歩き!

目的地を定めて歩くのも、少しもったいないことです。難波で楽しむべきことは、ぶらぶらとした「練り歩き」。一見のお店に入ってビールと一緒に串カツを味わう、小さな映画館を見つけてマイナーな映画を楽しむ、激安の古着屋でおしゃれな小物をゲットする、などマニアックな楽しみを追求しましょう。男ばかりの観光には最適の街かもしれません。

そしてNGKへ…

「お笑いが大好き!」という方は、ぜひともなんばグランド花月に行ってみましょう。プロの芸人さんたちの漫才やコントを、生で味わうことができます。周辺のお店では、舞台に出ている人がプライベートで食事を楽しんでいることも! また、劇場前ではさまざまな有名芸人のマスコットたちが、快く記念撮影を受け付けています。

NMB48の劇場も、NGKのすぐそばです。アイドルオタクの人にとっても、楽しい一帯と言えるでしょう。活気に満ちた難波の「文化地帯」を、いっぱいに味わいましょう。
NMB48公式サイト ⇒ http://www.nmb48.com/
なんばグランド花月公式サイト ⇒ http://www.yoshimoto.co.jp/ngk/

さて、電気の街へと

もし何か欲しい家電製品があるならば、大阪でもっとも安い家電量販店と言われる、難波のヤマダ電機まで行ってみましょう。道中では、「なんばパークス」というオシャレなショップの立ち並ぶ地帯を通ることになるので、女性の方も大満足できるはず!  家電屋さんに目当てのものがなければ、ちょっと方向転換して、日本橋まで歩いてみると良いかもしれません。日本橋は、「大阪の秋葉原」とも呼ばれる、関西のオタク文化の発信地です。サブカルチャーに関心のある人にとっては、刺激的な観光ができることでしょう。
なんばパークス公式サイト ⇒ http://www.nambaparks.com/

難波を「目的地まで正確に歩く」というのは、なかなか困難です。しかし、道に迷うこと自体も楽しめる、というメリットがあります。時間にも目的にも縛られずに自由な観光がしたいあなたには、難波と、その周辺の街が最適な観光スポットになることでしょう。

Copyright© すべらない神戸・大阪観光のすべて All Rights Reserved.